IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

お手持ちの画像を簡単にポリゴンデザインに変換してくれるサイト「Kubist」

1

150924_a

今、フラットデザインと共に静かに流行っているポリゴンスタイル。「Kubist」は、手持ちの画像を簡単にポリゴンスタイルへサッと変換してくれるサイトです。すべてブラウザ上で完結することができIllustratorやPhotoshopなどのソフトを使用しなくとも、お手軽にポリゴンスタイルを作成することができます。

あっという間にポリゴン風デザインへ

変換したい写真を選択してアップロードします。

150924_b

↓元画像。(大川竜弥さん)

150924_f

↓変換後。ポリゴンスタイルが適用されました。

150924_c

設定でポリゴンのデザインをお好みの形に調整することが出来ます。頂点の位置やポリゴンの種類、点の数、線の大きなどの変更が可能です。

150924_d

出来上がったポリゴンデザインはSVG形式でダウンロードすることができます。

150924_e

イラストレーターやフォトショップで作成したのと比べると若干完成度が低い感じは否めませんが、簡単に変換してくれるのはうれしいところ。是非、お試しあれ。

ウェブサービス

関連記事

PDFファイルを編集可能なWord形式に変換してくれるサイト「Convertii」

「Convertii」は、PDFファイルから編集可能なWord形式へと変換してくれる便利なサイトです。日本語にも対応しており、文字化けすることなくきちんとコンバートすることが可能。一般的に、一度PDFとしてファイルを出力してしまうと、Wordファイルに戻すのは中々難しいものです。元のWordファイルが無い状態でPDFのファイルをちょっと修正したいってときもあると思います。そんなときは、「Convertii」を利用して編集可能なWordファイルに変換してみてはいかがだろうか。

プロフィールアイコンに最適!画像をレゴブロック風に変換してくれるサービス「Brick-A-Pic」

「Brick-A-Pic」はアップロードした画像を簡単にレゴブロック風の画像に変換してくれるサービスです。SNSアイコンにちょっとしたオリジナリティを出したいときなんかに使うと便利かも。

ショートコードを書くだけ!QRコードを自動生成してくれるWordPressプラグイン「QR Code WordPress Plugin」

「QR Code Wordpress Plugin」は、QRコードを自動生成してくれるWordPressプラグインです。QRコードを使ってスマホ端末などから誘導したい時なんなかに便利です。

指定した画像にエフェクトを使ってハメコミ合成してくれるサイト「Funnywow」

「Funnywow」は、指定した画像に様々なエフェクトをかけてくれるサービスです。画像をアップするだけで壁画の人物やお札の肖像などユーモア溢れる面白い効果をかけることができます。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

任意の画像を指定するとその画像の内容に合った絵文字を表示してくれるwebサービス「THE EMOJINI 3000」

「THE EMOJINI 3000」は、任意の画像を指定するとその画像に合わせた絵文字を表示してくれるWebサービスです。画像を選択すると自動で写っているものを捉えそれに関連する絵文字を提案してくれます。ハッシュタグや文章のワンポイントとして絵文字を使用する際に活用してみると便利かもしれません。

簡単にSVGベースのシームレスなパターン画像を生成してくれるWebサービス「Plain Pattern」

「Plain Pattern」は、SVGベースのシームレスなパターン画像を簡単に生成してくれるWebサービスです。ブラウザ上でプレビュー確認しながらサッサと編集ができます。サイト制作やPhotoShopで継ぎ目のない素材を使いたいときに便利です。

溶け込み過ぎ!指定した画像でうまく顔写真を合成してくれるサービス「Photo505」

「Photo505」は、指定した画像にエフェクトを追加して合成写真を生成してくれるサイトです。顔認識をして、しっかり溶け込むような画像を作成してくれます。

指定したキーワードからイメージに合った配色を自動生成してくれるサイト「Colores」

「Colores」は、指定したキーワードよりそのイメージにあった配色を教えてくれるサイトです。キーワードを入力するとそれに関する画像を取得してそこから色を抽出する仕組みになっています。日本語にも対応しており、手軽にキーワードに関する配色を調べることができます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。