IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

指定したキーワードからイメージに合った配色を自動生成してくれるサイト「Colores」

0

150924_a

「Colores」は、指定したキーワードよりそのイメージにあった配色を教えてくれるサイトです。キーワードを入力するとそれに関する画像を取得してそこから色を抽出する仕組みになっています。日本語にも対応しており、手軽にキーワードに関する配色を調べることができます。

イメージカラーを調べる

調べたいキーワードを入力しましょう。

150924_b

為にしに「Apple」と入力してみるとこんな感じ。赤や茶といったリンゴに関連しそうな配色が表示されました。各画像の配色は16進数で教えてくれるので色のコピーを簡単に行うことができます。

150924_c

「sky」と入力するとこんな感じ。やはり空に関する青色系統の色が表示されました。

150924_d

たまに、少しズレた色を表示されてしまうこともありますが、大体のイメージカラーを捉えることは可能です。主に使われているイメージカラーをコードとして知りたいときになんかに使ってみると便利なのでは。興味がある方は試してみてはいががでしょうか。

ウェブサービス

関連記事

プロフィールアイコンに最適!画像をレゴブロック風に変換してくれるサービス「Brick-A-Pic」

「Brick-A-Pic」はアップロードした画像を簡単にレゴブロック風の画像に変換してくれるサービスです。SNSアイコンにちょっとしたオリジナリティを出したいときなんかに使うと便利かも。

指定した画像をスマホ・タブレットのディスプレイに上手く合成してくれるサイト「placeit」

「placeit」は、スマートフォンやタブレットの画面に好きな画像を埋め込み生成してくれるサイトです。デバイス機器にサイトのスクリーンショットが写っているような画像を作りたいときなんかに便利。Photoshopのような画像編集ソフトを使用せずとも全てウェブ上で完成することが出来るのが嬉しいところ。iPadとiPhoneが同時に写り込んでいるような写真でも2台のデバイスの画像をそれぞれで指定して合成できるのが凄い。

YouTubeから「gif」ファイルを簡単に作成してくれるサービス「GIF YouTube」

「GIF YouTube」は、YouTubeの動画からアニメーションGIFを生成してくれるWeuサービスです。動画のURLを入力するだけで1~10秒のGIFアニメに変換してくれます。すべてブラウザ上で完結するので気軽にGIFの生成ができて便利。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

Macで画面上の色の値を取得ができる便利ツール「DigitalColor Meter」

「DigitalColor Meter」は画面上の指定したピクセルの色の値を抽出してくれるMac純正アプリケーションです。わざわざPhotoShopを起動したり、ソースからCSSで色の値を確認せずともこのアプリを使うと簡単カラーコードを取得することが出来ます。

顔を自動検出してモザイクを掛けてくれるWebサービス「Privacy Image Editor」

「Privacy Image Editor」は、指定した画像に自動でモザイクを掛けてくれるWebサービスです。ブラウザ上で画像をアップすることで手軽にモザイク処理を行うことができます。自動で顔を認識してエフェクトを掛けてくれるのでちょっとした写真にモザイクを施したいときなかに便利です。

お手持ちの画像を簡単にポリゴンデザインに変換してくれるサイト「Kubist」

今、フラットデザインと共に静かに流行っているポリゴンスタイル。「Kubist」は、手持ちの画像を簡単にポリゴンスタイルへサッと変換してくれるサイトです。すべてブラウザ上で完結することができ、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使用しなくともブラウザ上ポリゴンスタイルを作成することができます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

画像から背景を自動認識して透過処理を行ってくれるWebサービス「Background Burner」

「Background Burner」は、画像の背景を自動で認識して透過処理を行ってくれるサイトです。どこの部分が背景なのか、どの部分がメインの物体なのか指定しなくても場所を自動で識別し処理を行ってくれます。Photoshopなのどツールを使えば精度の方はもちろんですが、「Background Burner」は、Web上で透過をすべて完結することができます。お気軽に透過処理を行いたいってときに重宝するサービスです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。