IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

レスポンシブデザイン用の画像を一括生成してくれるサイト「Responsive Image Breakpoints Generator」

 2016年9月11日   

160420_a

Responsive Image Breakpoints Generator

「Responsive Image Breakpoints Generator」は、レスポンシブデザイン用に画像をまとめて複数サイズ生成してくれるサイトです。様々な画像サイズの画像をいちいち用意せずとも、元となる一枚をブラウザ上にアップロードするだけで簡単にレスポンシブデザイン用の画像を作成することができます。また、貼付け用コードも同時に生成される実用的なものとなっています。

面倒なリサイズ作業を自動でやってくれる

生成したい画像サイズのパターンや容量などを設定します。

160420_c

元となる画像を「UPLOAD FILE」よりアップロードします。

160420_b

生成された画像が一覧で表示されます。「View image」より画像を確認できます。

160420_d

生成された画像サイズの比較が確認できます。

160420_e

htmlの画像タグのサンプルコードも一緒に作成されます。

160420_f

レスポンシブデザイン用の画像の準備が面倒なときなどは、「Responsive Image Breakpoints Generator」に任せてみてはいかがだろう。それぞれ画像に応じたマークアップが用意されているのは便利だろう。是非、お試しあれ。

ウェブサービス

関連記事

簡単にJPG、PNG、GIF、SVG画像を圧縮してくれるサービス「Compressor.io」

「Compressor.io」は、無料でJPG・PNG・GIF・SVGの形式の画像を圧縮できるツールです。画像ファイルをブラウザでアップロードするだけで瞬時にファイルサイズを小さくしてくれるのが特徴。

PDFファイルを編集可能なWord形式に変換してくれるサイト「Convertii」

「Convertii」は、PDFファイルから編集可能なWord形式へと変換してくれる便利なサイトです。日本語にも対応しており、文字化けすることなくきちんとコンバートすることが可能。一般的に、一度PDFとしてファイルを出力してしまうと、Wordファイルに戻すのは中々難しいものです。元のWordファイルが無い状態でPDFのファイルをちょっと修正したいってときもあると思います。そんなときは、「Convertii」を利用して編集可能なWordファイルに変換してみてはいかがだろうか。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

ディスプレイサイズに特化した比計算サービス「Ratio Calculator」

「Ratio Calculator」は、指定したサイズ幅をディスプレイサイズに応じた比で計算をしてくれるサイトです。対応している比率は「16:9」、「4:3」、「3:2」、「黄金比」の4つ。縦横のピクセル数をディスプレイサイズにピッタリ合わせいときなんかに便利。

簡単にツイッターの背景画像を生成する事が出来るサービス「Free Twitter Designer」

「Free Twitter Designer」は、Twitterの背景画像を生成してくれるサービスです。お好みのテーマを選んで自由にカスタマイズすることが可能です。画像を追加したりテキストを追加したり自由自在。

溶け込み過ぎ!指定した画像でうまく顔写真を合成してくれるサービス「Photo505」

「Photo505」は、指定した画像にエフェクトを追加して合成写真を生成してくれるサイトです。顔認識をして、しっかり溶け込むような画像を作成してくれます。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

YouTubeから「gif」ファイルを簡単に作成してくれるサービス「GIF YouTube」

「GIF YouTube」は、YouTubeの動画からアニメーションGIFを生成してくれるWeuサービスです。動画のURLを入力するだけで1~10秒のGIFアニメに変換してくれます。すべてブラウザ上で完結するので気軽にGIFの生成ができて便利。

ショートコードを書くだけ!QRコードを自動生成してくれるWordPressプラグイン「QR Code WordPress Plugin」

「QR Code Wordpress Plugin」は、QRコードを自動生成してくれるWordPressプラグインです。QRコードを使ってスマホ端末などから誘導したい時なんなかに便利です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。