Figmaのメニューを日本語表示にしてくれるChrome拡張機能「Figma 日本語化」

0

「Figma 日本語化」は、Figmaのメニューを日本語化してくれるChrome拡張です。ほぼ全ての主要機能のメニューに対応しており、日本語表記のメニューで直感的に操作を可能にしてくれます。今現在Figmaは、まだ公式に日本語をサポートしていないため、英語での操作方法に若干戸惑っている方も多いはず。最近Figmaを使い始めたという方や、英語はちょっと苦手意識があるという方にオススメな拡張機能です。

インストール方法

  1. Chromeウェブストアにアクセスします。
  2. 検索ボックスから「Figma 日本語化」を検索します。
  3. 「Chrome に追加」をクリックします。
  4. インストールが完了するとメニューのアプリ表示一覧にアイコンが追加されれます。

使い方・日本語化方法

使い方はとても簡単。Chrome拡張機能を有効にするだけで、言語をデフォルトの英語から日本語へ変更して表示することができます。有効化したら、あとはいつも通りFigmaを開くだけ。

導入前

拡張機能をインストールする前の画面の様子。当たり前ですが、すべてデフォルトの英語表記でメニューが表示されていますね。

導入後

拡張機能をインストールした後の画面の様子。ちゃんとメニューが日本語表記で表示されるようになりました。英語を単に直訳したという感じではなく、意味を理解しやすいような日本語へと翻訳されています。

アンインストール方法

拡張機能をChromeから削除したいときは、メニューのアプリ表示一覧からアイコンを右クリックして「Chromeから削除」を選択してあげるだけです。


一通りのメニューがすべて翻訳されており、Figma使い始めなど操作方法を覚えたいというときに重宝する拡張機能ではないでしょうか。特に「Arrange」のメニューは、種類が多いため英語だと一瞬戸惑うひとも多いはず。日本語化されたFigmaで一通り機能を覚えてから、デフォルトの英語を使いこなすのも一つの手でしょう。。ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。お試しあれ。

コメント