IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

11

141110_h

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

ファイルをアップロードしてサクッと共有

141110_a

Twitterへ投稿したいアカウントにログインします。

141110_b

Twitterに共有する際のツイート文章を編集します。

141110_c

共有したいファイルを選択します。

141110_d

「UPLOAD」でファイルがアップロードされTwitterへ共有リンクが投稿されます。

141110_e

投稿されたファイルのURLとツイートリンクが表示されます。

141110_g

リンク先のページではファイルプレビューやダウンロードを行うことができます。

141110_f

手軽に様々なファイルを共有できるので便利ですね。Twitterに画像以外のドキュメントを共有したいとお困りの際なんかには、是非使ってみてはいかが。

ウェブサービス

関連記事

Twitterにそっくりなのロゴを作成してくれるジェネレータ「Twitlogo」

「Twitlogo」は、ツイッターにそっくりなロゴを生成してくれるウェブサービスです。作成したいテキストを入力するだけで簡単に作成することができます。

最大3200件までOK!他人の過去のツイートを一括で調べられるTwitter検索サイト「TwimeMachine」

「TwimeMachine」は、他人のツイートの過去ログを一括で見ることができるサイトです。最大3200件まで過去のつぶやきを調べることが可能です。検索機能が付いているのが嬉しいポイントで、他のTwitter検索サービスに比べて多くのつぶやき一度に見ることができるのが特徴。ページを跨ぐことなく1ページで過去のツイートをまとめ表示をしてくれるので、ストレスなくツイートを検索することができます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

【スマホ対応】簡単に複数の画像をアップロードできるサイト!「drp.io」

「drp.io」は、複数の画像を一括で簡単アップロードできるサイトです。使い方はいたってシンプルで画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけで完了します。登録不要でスマホからのアップロードも対応しているので写真を共有したいときなんかに便利です。

一時的に使いたいときに便利!10分だけ使うことのできるファイルストレージ「10minutestorage」

「10minutestorage」は、その名の通り10分間のみファイルを共有することができるストレージサービスです。10分間のみなので使い道は限られるとは思いますが、仕事などで急に簡易的なオンラインストレージが必要になったときに役立つサービスです。

指定した画像をスマホ・タブレットのディスプレイに上手く合成してくれるサイト「placeit」

「placeit」は、スマートフォンやタブレットの画面に好きな画像を埋め込み生成してくれるサイトです。デバイス機器にサイトのスクリーンショットが写っているような画像を作りたいときなんかに便利。Photoshopのような画像編集ソフトを使用せずとも全てウェブ上で完成することが出来るのが嬉しいところ。iPadとiPhoneが同時に写り込んでいるような写真でも2台のデバイスの画像をそれぞれで指定して合成できるのが凄い。

顔を自動検出してモザイクを掛けてくれるWebサービス「Privacy Image Editor」

「Privacy Image Editor」は、指定した画像に自動でモザイクを掛けてくれるWebサービスです。ブラウザ上で画像をアップすることで手軽にモザイク処理を行うことができます。自動で顔を認識してエフェクトを掛けてくれるのでちょっとした写真にモザイクを施したいときなかに便利です。

PDFファイルを編集可能なWord形式に変換してくれるサイト「Convertii」

「Convertii」は、PDFファイルから編集可能なWord形式へと変換してくれる便利なサイトです。日本語にも対応しており、文字化けすることなくきちんとコンバートすることが可能。一般的に、一度PDFとしてファイルを出力してしまうと、Wordファイルに戻すのは中々難しいものです。元のWordファイルが無い状態でPDFのファイルをちょっと修正したいってときもあると思います。そんなときは、「Convertii」を利用して編集可能なWordファイルに変換してみてはいかがだろうか。

他人のTwitterのつぶやきを古い順に表示してくれるサービス「Frikaetter」

「Frikaetter」は、自分や他人の過去のツイートを古い順で表示してくれるサイトです。ユーザー名を入力するだけで過去のつぶやきを簡単に閲覧することができます。昔に投稿したツイートを探したいけれど、だいぶ昔に投稿したもので自力で見つけるのはなかなか大変ってときに便利なサービスです。

プロフィールアイコンに最適!画像をレゴブロック風に変換してくれるサービス「Brick-A-Pic」

「Brick-A-Pic」はアップロードした画像を簡単にレゴブロック風の画像に変換してくれるサービスです。SNSアイコンにちょっとしたオリジナリティを出したいときなんかに使うと便利かも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。