IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

YouTubeから「gif」ファイルを簡単に作成してくれるサービス「GIF YouTube」

0

f_141020

「GIF YouTube」は、YouTubeの動画からアニメーションGIFを生成してくれるWeuサービスです。動画のURLを入力するだけで1~10秒のGIFアニメに変換してくれます。すべてブラウザ上で完結するので気軽にGIFの生成ができて便利。

ラクラクGIFアニメを作成

ボックスに変換したいYouTubeアドレスを入力。

b_141020

動画の変換が始まるのでしばらく待ちましょう。

c_141020

動画のタイトルと長さを設定します。

d_141020

出来上がったらリンクをコピーしたり画像の保存ができます。

e_141020

さらに簡単変換方法

URLをボックスに入力しなくても、このようにYouTubeアドレスの前に「gif」を付け足すだけで簡単に作ることも出来ます。

https://www.gifyoutube.com/watch?v=●●●

PhotoShopなどを使ってじっくりGIFアニメを作るのもいいですが、素早く作成したいときなんかに便利なのではないでしょうか。

ウェブサービス

関連記事

レスポンシブデザイン用の画像を一括生成してくれるサイト「Responsive Image Breakpoints Generator」

「Responsive Image Breakpoints Generator」は、レスポンシブデザイン用に画像をまとめて複数サイズ生成してくれるサイトです。様々な画像サイズの画像をいちいち用意せずとも、元となる一枚をブラウザ上にアップロードするだけで簡単にレスポンシブデザイン用の画像を作成することができます。また、貼付け用コードも同時に生成される実用的なものとなっています。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

お手持ちの画像を簡単にポリゴンデザインに変換してくれるサイト「Kubist」

今、フラットデザインと共に静かに流行っているポリゴンスタイル。「Kubist」は、手持ちの画像を簡単にポリゴンスタイルへサッと変換してくれるサイトです。すべてブラウザ上で完結することができ、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使用しなくともブラウザ上ポリゴンスタイルを作成することができます。

サクッと変換!指定したWebページをPDFに変換して保存できるサイト「PDF Burger」

>「PDF Burger」は、指定したURLのウェブページをPDFファイルに変換して保存できるサイトです。日本語にも対応しており文字化けせずに変換することが可能です。Webページをオフラインで持ち運びたいってときに活用すると便利なサービスです。 WebページをPDFに変換するだけでな、くPDF同士の結合や、OfficeファイルのPDF化などの処理も行うこともできます。

指定した画像にエフェクトを使ってハメコミ合成してくれるサイト「Funnywow」

「Funnywow」は、指定した画像に様々なエフェクトをかけてくれるサービスです。画像をアップするだけで壁画の人物やお札の肖像などユーモア溢れる面白い効果をかけることができます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

様々な条件に従って画像をリサイズできるサービス「Bulk Resize Photos」

「Bulk Resize Photos」は、指定した条件に従って画像をリサイズすることが出来るできるサービスです。シンプルで洗練されたデザインで使いやすいのが特徴。ブラウザ上で条件を設定するだけなので、ちょっとした画像をササッと目的のサイズに変換したい時に便利です。

指定した画像をスマホ・タブレットのディスプレイに上手く合成してくれるサイト「placeit」

「placeit」は、スマートフォンやタブレットの画面に好きな画像を埋め込み生成してくれるサイトです。デバイス機器にサイトのスクリーンショットが写っているような画像を作りたいときなんかに便利。Photoshopのような画像編集ソフトを使用せずとも全てウェブ上で完成することが出来るのが嬉しいところ。iPadとiPhoneが同時に写り込んでいるような写真でも2台のデバイスの画像をそれぞれで指定して合成できるのが凄い。

画像から背景を自動認識して透過処理を行ってくれるWebサービス「Background Burner」

「Background Burner」は、画像の背景を自動で認識して透過処理を行ってくれるサイトです。どこの部分が背景なのか、どの部分がメインの物体なのか指定しなくても場所を自動で識別し処理を行ってくれます。Photoshopなのどツールを使えば精度の方はもちろんですが、「Background Burner」は、Web上で透過をすべて完結することができます。お気軽に透過処理を行いたいってときに重宝するサービスです。

指定したキーワードからイメージに合った配色を自動生成してくれるサイト「Colores」

「Colores」は、指定したキーワードよりそのイメージにあった配色を教えてくれるサイトです。キーワードを入力するとそれに関する画像を取得してそこから色を抽出する仕組みになっています。日本語にも対応しており、手軽にキーワードに関する配色を調べることができます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。