IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

最大100件までOK!Twitterの片思いフォローを一括リムーブしてくれるサービス「Remove Lips」

0

160911_a

リムーブリップス

「リムーブリップス」は、Twitterの片思い状態のユーザーを一括リムーブしてくれるサービスです。自分は相手をフォローしているが、相手は自分をフォローしてくれてない状況のときにまとめて相手をアンフォローすることができます。相手が自分をフォローしているのか、いちいち確認するのは結構大変な作業です。そんなときはボタン一つで一括でリムーブできる「リムーブリップス」を使ってみましょう。

簡単操作で一括アンフォロー

まず、ボタンを押してツイッターアカウントを認証させます。

160911_b

「連携アプリを認証」をクリックします。

160911_c

一括アンフォローしたい人数を選びます。デフォルトでは50人が選択されています。

160911_d

ユーザーの候補が表示されます。アンフォローしたくないユーザーはチェックを外しましょう。アンフォローする人を確認したら、「チェックを入れた人をリムーブ」をクリック。

160911_e

暫くすると一括アンフォローが完了します。

160911_f

リムーブ後のツイートに注意!

アンフォローが完了すると同時に、以下のようなツイートが自動で行われます。タイムライン上で片思いユーザーのリムーブを行っている事がバレてしまうので若干注意が必要です。必要に応じてツイートを削除するとよいでしょう。

160911_g

一括で大人数のユーザーをリムーブをしたいときには、活用してみてはいかがだろうか。お試しあれ!

ウェブサービス

関連記事

Twitterアカウントの利用状況を細かくグラフで解析してくれるサイト「TweetStats」

「TweetStats」は指定したツイッターアカウントの利用状況を解析してくれるサイトです。つぶやいたツイート数を解析してを月別、日別、時間毎にグラフで統計を表示してくれます。自分のツートの傾向を把握したいときなんかに便利。

簡単にツイッターの背景画像を生成する事が出来るサービス「Free Twitter Designer」

「Free Twitter Designer」は、Twitterの背景画像を生成してくれるサービスです。お好みのテーマを選んで自由にカスタマイズすることが可能です。画像を追加したりテキストを追加したり自由自在。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

いつからTwitterを始めたのか超詳しく調べてくれるサイト「いつからTwitter?」

「いつからTwitter?」は、指定したユーザーがいつからツイッターを始めたか詳しく教えてくれるサイトです。アカウント名を入力するだけで簡単に詳細の情報を表示してくれます。ふと、いつからTwitterやってたっけ?って疑問に思ったときなんかに便利です。

他人のTwitterのつぶやきを古い順に表示してくれるサービス「Frikaetter」

「Frikaetter」は、自分や他人の過去のツイートを古い順で表示してくれるサイトです。ユーザー名を入力するだけで過去のつぶやきを簡単に閲覧することができます。昔に投稿したツイートを探したいけれど、だいぶ昔に投稿したもので自力で見つけるのはなかなか大変ってときに便利なサービスです。

Twitterにそっくりなのロゴを作成してくれるジェネレータ「Twitlogo」

「Twitlogo」は、ツイッターにそっくりなロゴを生成してくれるウェブサービスです。作成したいテキストを入力するだけで簡単に作成することができます。

指定したTwitterユーザーの全ツイートをA4で印刷したらを換算してくれるサイト「The Print Effect」

The Print Effect」は、指定したアカウントのタイムライン上の全つぶやきをA4印刷した場合どのくらいの量になるか教えてくれるサイトです。日頃の自分がつぶやきの量が身近なA4用紙で感覚的に感じられるのが面白い。

Twitterのつぶやきから寝ている時間帯を推測してくれるサイト「SleepingTime.org」

「SleepingTime.org」は、指定したユーザーの過去のツイート時間からいつ寝ているか、おおよその睡眠時間を解析してくれるサイトです。直近500件のつぶやきより、ユーザーの睡眠サイクルを計算してくれるようです。

最大3200件までOK!他人の過去のツイートを一括で調べられるTwitter検索サイト「TwimeMachine」

「TwimeMachine」は、他人のツイートの過去ログを一括で見ることができるサイトです。最大3200件まで過去のつぶやきを調べることが可能です。検索機能が付いているのが嬉しいポイントで、他のTwitter検索サービスに比べて多くのつぶやき一度に見ることができるのが特徴。ページを跨ぐことなく1ページで過去のツイートをまとめ表示をしてくれるので、ストレスなくツイートを検索することができます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。