IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

Twitterにそっくりなのロゴを作成してくれるジェネレータ「Twitlogo」

0

150927_a

「Twitlogo」は、ツイッターにそっくりなロゴを生成してくれるウェブサービスです。作成したいテキストを入力するだけで簡単に作成することができます。

使い方・作成方法

テキストボックスの中に作成したいロゴの文字を半角で入力して、「make」ボタンをクリック。

150927_b

その場ですぐにロゴが生成されます。あとは「download this image」で保存するだけ。

150927_c

「advance options」でテキストサイズや色、縁取りの大きさなどの設定が可能です。

150927_d

興味のある方はぜひ試してみては如何でしょうか。

ウェブサービス

関連記事

いつからTwitterを始めたのか超詳しく調べてくれるサイト「いつからTwitter?」

「いつからTwitter?」は、指定したユーザーがいつからツイッターを始めたか詳しく教えてくれるサイトです。アカウント名を入力するだけで簡単に詳細の情報を表示してくれます。ふと、いつからTwitterやってたっけ?って疑問に思ったときなんかに便利です。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

Twitter上で誰と一番会話をしているかを調べることができるサイト「twiRy」

「twiRy」は、指定したTwitterアカウントが誰と一番会話を多くしているかを教えてくれるサイトです。ログインしてアカウントを指定するだけで簡単に順位を表示してくれます。

バカ売れキャッチコピーをキーワードから自動作成してくれるサイト!「メガトリ」

「メガトリ」はメガヒットするようなブログのタイトルを簡単に作成してくれるサイトです。入力したキーワードから上手いキャッチコピーを自動生成してくれます。タイトルを書くのが苦手な人もプロが書いたようなキャッチコピーやタイトルがサクサク作れちゃいますよ。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Adobe CS風なデザインのアイコンを簡単に作成してくれるサービス「Icon Generator」

「Icon Generator」はAdobe CSやHTML5風のアイコンを簡単に作成することができるジェネレータ。ロゴのテキストや文字色、背景色、ボーダーの色など結構細かく設定をすることが可能だ。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

Twitterアカウントの利用状況を細かくグラフで解析してくれるサイト「TweetStats」

「TweetStats」は指定したツイッターアカウントの利用状況を解析してくれるサイトです。つぶやいたツイート数を解析してを月別、日別、時間毎にグラフで統計を表示してくれます。自分のツートの傾向を把握したいときなんかに便利。

他人のTwitterのつぶやきを古い順に表示してくれるサービス「Frikaetter」

「Frikaetter」は、自分や他人の過去のツイートを古い順で表示してくれるサイトです。ユーザー名を入力するだけで過去のつぶやきを簡単に閲覧することができます。昔に投稿したツイートを探したいけれど、だいぶ昔に投稿したもので自力で見つけるのはなかなか大変ってときに便利なサービスです。

指定したTwitterユーザーの全ツイートをA4で印刷したらを換算してくれるサイト「The Print Effect」

The Print Effect」は、指定したアカウントのタイムライン上の全つぶやきをA4印刷した場合どのくらいの量になるか教えてくれるサイトです。日頃の自分がつぶやきの量が身近なA4用紙で感覚的に感じられるのが面白い。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。