IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

フラットデザインに合うソーシャルアイコンを生成してくれるジェネレータ「Perfect Icons」

3

160207_a

Perfect Icons

「Perfect Icons」は、フラットデザインに合うソーシャルボタンを作成してくれるサイトです。扱っているソーシャルメディア種類も豊富で細かいカスタマイズを行うことが出来ます。

お好みのフラットボタンをササッと作成!

ボタンの大きさや色、角丸具合をなど設定します。

160207_b

ボタンのリンク先URLを入力していきます。不要なSNSサービスはバツ印で削除することができます。

160207_c

ソーシャルボタンの追加も可能。多くの種類が用意されています。必要なものは追加しましょう。

160207_d

こんな感じでフラットなソーシャルボタンが出来上がります。

160207_e

あとは指示にしたがってFTPでアップしてCSS等の設定を行えばOK。必要なCSSなどは勝手に用意してくれるので楽チン。

160207_f

フラットなデザインのソーシャルボタンが必要になった際には、利用してみてはいかが。

ウェブサービス

関連記事

バカ売れキャッチコピーをキーワードから自動作成してくれるサイト!「メガトリ」

「メガトリ」はメガヒットするようなブログのタイトルを簡単に作成してくれるサイトです。入力したキーワードから上手いキャッチコピーを自動生成してくれます。タイトルを書くのが苦手な人もプロが書いたようなキャッチコピーやタイトルがサクサク作れちゃいますよ。

これは便利!様々な効果を生成できるCSS3ジェネレータ「CSS3.0 Maker」

「CSS3.0 Maker」はCSS3のコードをリアルタイムで自動生成してくれるジェネレータです。各パラメータのスライダーを弄るだけで簡単にお好みの効果を適用することができます。プロパティが豊富で設定できるスタイルシートの項目が多いのが嬉しいところ。

指定したテキストをGIFアニメに変換してくれるWebサービス「Slate」

「Slate」は、指定した文章からGIFアニメを作成してくれるサイトです。文字列が切り替わっていく簡単なGifアニメを作成したいとき役立つサービスです。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

プロフィールアイコンに最適!画像をレゴブロック風に変換してくれるサービス「Brick-A-Pic」

「Brick-A-Pic」はアップロードした画像を簡単にレゴブロック風の画像に変換してくれるサービスです。SNSアイコンにちょっとしたオリジナリティを出したいときなんかに使うと便利かも。

適当なテキストからアバターを自動生成してくれるwebサービス「FlatHash」

「FlatHash」は、任意の適当なテキストを入力するとアルゴリズムに従ってアバター画像を生成してくれるサイトです。髪、口、鼻、目などパーツがそれぞれ用意されており、入力したテキストによって異なるアバターを創りだしてくれます。SNSなどで使用するアバターに困った際は使ってみると便利かもしれません。

Twitterにそっくりなのロゴを作成してくれるジェネレータ「Twitlogo」

「Twitlogo」は、ツイッターにそっくりなロゴを生成してくれるウェブサービスです。作成したいテキストを入力するだけで簡単に作成することができます。

一時的に使いたいときに便利!10分だけ使うことのできるファイルストレージ「10minutestorage」

「10minutestorage」は、その名の通り10分間のみファイルを共有することができるストレージサービスです。10分間のみなので使い道は限られるとは思いますが、仕事などで急に簡易的なオンラインストレージが必要になったときに役立つサービスです。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。