IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

様々な条件に従って画像をリサイズできるサービス「Bulk Resize Photos」

1

160201_a

Bulk Resize Photos

「Bulk Resize Photos」は、指定した条件に従って画像をリサイズすることが出来るできるサービスです。シンプルで洗練されたデザインで使いやすいのが特徴。ブラウザ上で条件を設定するだけなので、ちょっとした画像をササッと目的のサイズに変換したい時に便利です。

素早くお手軽簡単リサイズ

「Choose Image」をクリックまたはファイルを直接ドラッグアンドドロップして画像をアップロードします。

160201_b

条件の設定していきます。

160201_c

比を保ったままの縮小拡大や長辺の長さを指定したリサイズなど様々な条件を選択できます。

160201_d

ベーシック設定以外にもプロ設定の項目があり、画像のフォーマット、画質を変更したりもできます。

160201_e

「Start Resizing」をクリックしてリサイズを開始します。

160201_g

リサイズ結果の表示がされ、どのくらいファイル容量を削減できたか確認できます。

160201_f

ブラウザ上のみで簡単なリサイズをできるのは有り難いですね。ちょっとしたサイズの変更が必要になったときは使ってみると良いかもしれません。ちなみに、PCだけでなくスマホからの利用も可能となっています。是非、お試しあれ。

ウェブサービス

関連記事

ディスプレイサイズに特化した比計算サービス「Ratio Calculator」

「Ratio Calculator」は、指定したサイズ幅をディスプレイサイズに応じた比で計算をしてくれるサイトです。対応している比率は「16:9」、「4:3」、「3:2」、「黄金比」の4つ。縦横のピクセル数をディスプレイサイズにピッタリ合わせいときなんかに便利。

【スマホ対応】簡単に複数の画像をアップロードできるサイト!「drp.io」

「drp.io」は、複数の画像を一括で簡単アップロードできるサイトです。使い方はいたってシンプルで画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけで完了します。登録不要でスマホからのアップロードも対応しているので写真を共有したいときなんかに便利です。

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

お手持ちの画像を簡単にポリゴンデザインに変換してくれるサイト「Kubist」

今、フラットデザインと共に静かに流行っているポリゴンスタイル。「Kubist」は、手持ちの画像を簡単にポリゴンスタイルへサッと変換してくれるサイトです。すべてブラウザ上で完結することができ、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使用しなくともブラウザ上ポリゴンスタイルを作成することができます。

レスポンシブデザイン用の画像を一括生成してくれるサイト「Responsive Image Breakpoints Generator」

「Responsive Image Breakpoints Generator」は、レスポンシブデザイン用に画像をまとめて複数サイズ生成してくれるサイトです。様々な画像サイズの画像をいちいち用意せずとも、元となる一枚をブラウザ上にアップロードするだけで簡単にレスポンシブデザイン用の画像を作成することができます。また、貼付け用コードも同時に生成される実用的なものとなっています。

ショートコードを書くだけ!QRコードを自動生成してくれるWordPressプラグイン「QR Code WordPress Plugin」

「QR Code Wordpress Plugin」は、QRコードを自動生成してくれるWordPressプラグインです。QRコードを使ってスマホ端末などから誘導したい時なんなかに便利です。

arXivの論文をHTML化してWebページ形式で読めるようにしてくれるサイト「Arxiv Vanity」

「Arxiv Vanity」は、arXivの論文をウェブページ形式として読めるように変換してくれるサイトです。URLを指定してあげるだけで簡単にPDFからHTML化してくれます。スマホからarXivの論文を手軽に読みたいときや、PDFに対応していない端末から読みたいときに便利なサービスです。

現在の自分のTwitterアイコンからGIFアニメを作成できる「GIFアニメアイコンじぇねれーた」

「GIFアニメアイコンじぇねれーた」は、現在自分が設定しているTWitterアイコンの画像からGIFアニメーションを生成してくれるサイトです。アカウント名を入力すれだけで簡単に動くGIFアニメが作成されます。

画像から背景を自動認識して透過処理を行ってくれるWebサービス「Background Burner」

「Background Burner」は、画像の背景を自動で認識して透過処理を行ってくれるサイトです。どこの部分が背景なのか、どの部分がメインの物体なのか指定しなくても場所を自動で識別し処理を行ってくれます。Photoshopなのどツールを使えば精度の方はもちろんですが、「Background Burner」は、Web上で透過をすべて完結することができます。お気軽に透過処理を行いたいってときに重宝するサービスです。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。