IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

指定した画像にエフェクトを使ってハメコミ合成してくれるサイト「Funnywow」

1

141124_a

「Funnywow」は、指定した画像に様々なエフェクトをかけてくれるサービスです。画像をアップするだけで壁画の人物やお札の肖像などユーモア溢れる面白い効果をかけることができます。

ユーモア溢れるハメコミ素材が豊富

まず、画像に適用するエフェクトの種類を選びます。

141124_b

画像をアップロードします。

141124_c

元画像はこちら(モデル:大川竜弥さん)

141124_f

効果を適用する範囲をトリミング機能を使って調整します。

141124_d

こんな風に画像が変身しちゃいます。

141124_g

「Save to my disc」から加工後の画像をダウンロードすることができます。

141124_e

是非、お試しあれ。

ウェブサービス

関連記事

サクッと変換!指定したWebページをPDFに変換して保存できるサイト「PDF Burger」

>「PDF Burger」は、指定したURLのウェブページをPDFファイルに変換して保存できるサイトです。日本語にも対応しており文字化けせずに変換することが可能です。Webページをオフラインで持ち運びたいってときに活用すると便利なサービスです。 WebページをPDFに変換するだけでな、くPDF同士の結合や、OfficeファイルのPDF化などの処理も行うこともできます。

レスポンシブデザイン用の画像を一括生成してくれるサイト「Responsive Image Breakpoints Generator」

「Responsive Image Breakpoints Generator」は、レスポンシブデザイン用に画像をまとめて複数サイズ生成してくれるサイトです。様々な画像サイズの画像をいちいち用意せずとも、元となる一枚をブラウザ上にアップロードするだけで簡単にレスポンシブデザイン用の画像を作成することができます。また、貼付け用コードも同時に生成される実用的なものとなっています。

溶け込み過ぎ!指定した画像でうまく顔写真を合成してくれるサービス「Photo505」

「Photo505」は、指定した画像にエフェクトを追加して合成写真を生成してくれるサイトです。顔認識をして、しっかり溶け込むような画像を作成してくれます。

arXivの論文をHTML化してWebページ形式で読めるようにしてくれるサイト「Arxiv Vanity」

「Arxiv Vanity」は、arXivの論文をウェブページ形式として読めるように変換してくれるサイトです。URLを指定してあげるだけで簡単にPDFからHTML化してくれます。スマホからarXivの論文を手軽に読みたいときや、PDFに対応していない端末から読みたいときに便利なサービスです。

あらゆるフォーマットに対応!簡単にファイル形式を変換してくれる便利サイト「Convert Files」

「Convert Files」は、Web上でファイルの形式を変換をしてくれるウェブサイトです。ものすごい数のフォーマットに対応しておりササッとに変換をすることができます。仕事などの際、開くことができない形式のファイルを変換して開けるようにしたいってときなんかに便利です。

お手持ちの画像を簡単にポリゴンデザインに変換してくれるサイト「Kubist」

今、フラットデザインと共に静かに流行っているポリゴンスタイル。「Kubist」は、手持ちの画像を簡単にポリゴンスタイルへサッと変換してくれるサイトです。すべてブラウザ上で完結することができ、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使用しなくともブラウザ上ポリゴンスタイルを作成することができます。

PDFファイルを編集可能なWord形式に変換してくれるサイト「Convertii」

「Convertii」は、PDFファイルから編集可能なWord形式へと変換してくれる便利なサイトです。日本語にも対応しており、文字化けすることなくきちんとコンバートすることが可能。一般的に、一度PDFとしてファイルを出力してしまうと、Wordファイルに戻すのは中々難しいものです。元のWordファイルが無い状態でPDFのファイルをちょっと修正したいってときもあると思います。そんなときは、「Convertii」を利用して編集可能なWordファイルに変換してみてはいかがだろうか。

任意の画像を指定するとその画像の内容に合った絵文字を表示してくれるwebサービス「THE EMOJINI 3000」

「THE EMOJINI 3000」は、任意の画像を指定するとその画像に合わせた絵文字を表示してくれるWebサービスです。画像を選択すると自動で写っているものを捉えそれに関連する絵文字を提案してくれます。ハッシュタグや文章のワンポイントとして絵文字を使用する際に活用してみると便利かもしれません。

YouTubeから「gif」ファイルを簡単に作成してくれるサービス「GIF YouTube」

「GIF YouTube」は、YouTubeの動画からアニメーションGIFを生成してくれるWeuサービスです。動画のURLを入力するだけで1~10秒のGIFアニメに変換してくれます。すべてブラウザ上で完結するので気軽にGIFの生成ができて便利。

これは面白い!指定したURLを絵文字に変換してくれるサイト「linkmoji」

「linkmoji」は、指定したURLを絵文字のアドレスに変換してくれるサイトだ。生成したURLはカラフルで可愛らしい絵文字であるだけでなく実際に使用することができる。TwitterやFacebookなどSNSで使えば注目されること間違いなし。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。