IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

Macで画面上の色の値を取得ができる便利ツール「DigitalColor Meter」

0

e_141023

DigitalColor Meter

「DigitalColor Meter」は画面上の指定したピクセルの色の値を抽出してくれるMac純正アプリケーションです。わざわざPhotoShopを起動したり、ソースからCSSで色の値を確認せずともこのアプリを使うことで簡単カラーコードを取得することが出来ます。

a_141023

「DigitalColor Meter」の使い方

場所はアプリケーションディレクトリの中のユーティリティディレクトリにあります。起動してウィンドウが表示されるとマウスポインターの位置の色の値をが表示してくれます。

b_141023

色の値をショートカットキーでコピー

ShiftCommandC

で指定したピクセルのカラーコードをテキストでクリップボードにコピーすることができます。

optionCommandC

で指定したピクセルのカラーコードを画像でクリップボードへコピーすることができます。

色の表示方法を選ぶ

カラーコードの表記は5つから選択ができます。

  • ネイティブの値を表示
  • sRGBで表示
  • 汎用のRGBで表示
  • AdobeRGBで表示
  • LABで表示

d_141023

カラーコードを16進数で表示させる方法

サイト制作やデザインをする時なんかは10進数よりも16進数で表してくれた方が便利だと思うので出力する値の表示方法を変更させます。Webカラーコード16進数で表示させるにはメニューの「表示」から「値を表示」を選択し「16進」を選べばOK。

16進数表示すると#D5422Dとこんな感じ。

c_141023

デフォルトでMac OSの中に入っているカラーピッカーアプリですが、意外と知らない方も多いのでは。デザイン関係で色をちょっと調べたいなんてときには、せひ活用してみてはいかがでしょうか。

Mac Tips

関連記事

指定したキーワードからイメージに合った配色を自動生成してくれるサイト「Colores」

「Colores」は、指定したキーワードよりそのイメージにあった配色を教えてくれるサイトです。キーワードを入力するとそれに関する画像を取得してそこから色を抽出する仕組みになっています。日本語にも対応しており、手軽にキーワードに関する配色を調べることができます。

入力したパスワードのセキュリティ強度を測定してくれるサイト「How Secure Is My Password」

「How Secure Is My Password」は、入力したパスワードのセキュリティ強度を算出してくれるサイトです。文字列、数字の数により安全度を測定して色で表してくれます。そのパスワードをクラックするのにどのくらいの時間がかかるだろかを表示することも可能です。パスワードを強固にしたい際なんかに便利なサービスです。

Appleのイベント発表会・新製品発売までをカウントダウンしてくれるサイト「AppleTimer」

「AppleTimer」はApple製品の発売までをカウントダウン形式で教えてくれるサイトです。WWDCのイベントの発表会や製品発売までの日数をカウントダウンまたはカウントアップで表示してくれます。おしゃれでスタイリッシュなデザインとなっており、iPhoneやiPadなどのモバイル機器からも手軽に確認できるのが魅力的。

【Mac】意外と知らない?Yosemiteで複数ファイルの名前を一括変更する方法!

今までファイル名の変更は1つずつしか行うことができず、一括で名前の変更をするには 「Automator」で自動化アシスタントを使ったり、リネームアプリを使ったりと結構面倒な作業でした。しかし、Yosemiteには一括リネーム機能が標準搭載され便利なものになりました。というわけで、Yosemite以降のOS Xで使える機能『複数ファイルの名前を一括変更する方法』のご紹介です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。