IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

入力したパスワードのセキュリティ強度を測定してくれるサイト「How Secure Is My Password」

1

150917_a

How Secure Is My Password

「How Secure Is My Password」は、入力したパスワードのセキュリティ強度を算出してくれるサイトです。文字列、数字の数により安全度を測定して色で表してくれます。そのパスワードをクラックするのにどのくらいの時間がかかるだろかを表示することも可能です。パスワードを強固にしたい際なんかに便利なサービスです。ただ、普段使っているパスワードをそのままテストに使用するのは危険ですので、一応、文字を入れ替えるなどして気を付けてください。

色で安全度を教えてくれる

まず、アクセスするとただの青色状態。

150917_b

フォームに強度を測定したいパスワードを入力していきます。

150917_c

Passwordを入力していくと背景の色が変化していきます。ありがちな「1234」の4文字で試してみると赤色になりました。

150917_d

「SHOW DETAILS」でパスワード強度の詳細表示をすることができます。クラックにかかる時間や文字列の長さなどを表示してくれます。

150917_g

さらに文字数を追加して9文字にしてみるとオレンジ色になりました。

150917_e

もっと文字数や数字を絡めて増やしてみると、ようやく緑色になりました。どうやら、このくらいのパスワードになるとクラックするのに1000年は掛かるようです。

150917_f

自身のパスワードはどれくらい安全なのか、一度確かめてみると面白いかも知れません。セキュリティを高めたいときは使ってみてはいかが。

ウェブサービス

関連記事

Macで画面上の色の値を取得ができる便利ツール「DigitalColor Meter」

「DigitalColor Meter」は画面上の指定したピクセルの色の値を抽出してくれるMac純正アプリケーションです。わざわざPhotoShopを起動したり、ソースからCSSで色の値を確認せずともこのアプリを使うと簡単カラーコードを取得することが出来ます。

指定したキーワードからイメージに合った配色を自動生成してくれるサイト「Colores」

「Colores」は、指定したキーワードよりそのイメージにあった配色を教えてくれるサイトです。キーワードを入力するとそれに関する画像を取得してそこから色を抽出する仕組みになっています。日本語にも対応しており、手軽にキーワードに関する配色を調べることができます。

簡単にサイトのページ読み込み速度を測定できるサイト「Pingdom Website Speed Test」

「Pingdom Website Speed Test」は、自分のサイトの表示速度を細かく検証してくれるWebサービスです。ページ容量やサーバー応答待ち時間、リクエスト数など、かなり詳しい分析してくれるのが特徴です。サイトのページ表示速度の高速化したい際なんかに測定ツールとして用いると大変便利。

Appleのイベント発表会・新製品発売までをカウントダウンしてくれるサイト「AppleTimer」

「AppleTimer」はApple製品の発売までをカウントダウン形式で教えてくれるサイトです。WWDCのイベントの発表会や製品発売までの日数をカウントダウンまたはカウントアップで表示してくれます。おしゃれでスタイリッシュなデザインとなっており、iPhoneやiPadなどのモバイル機器からも手軽に確認できるのが魅力的。

最大3200件までOK!他人の過去のツイートを一括で調べられるTwitter検索サイト「TwimeMachine」

「TwimeMachine」は、他人のツイートの過去ログを一括で見ることができるサイトです。最大3200件まで過去のつぶやきを調べることが可能です。検索機能が付いているのが嬉しいポイントで、他のTwitter検索サービスに比べて多くのつぶやき一度に見ることができるのが特徴。ページを跨ぐことなく1ページで過去のツイートをまとめ表示をしてくれるので、ストレスなくツイートを検索することができます。

最大100件までOK!Twitterの片思いフォローを一括リムーブしてくれるサービス「Remove Lips」

「リムーブリップス」は、Twitterの片思い状態のユーザーを一括リムーブしてくれるサービスです。自分は相手をフォローしているが、相手は自分をフォローしてくれてない状況のときにまとめて相手をアンフォローすることができます。相手が自分をフォローしているのか、いちいち確認するのは結構大変な作業です。そんなときはボタン一つで一括でリムーブできる「リムーブリップス」を使ってみましょう。

これは便利!様々な効果を生成できるCSS3ジェネレータ「CSS3.0 Maker」

「CSS3.0 Maker」はCSS3のコードをリアルタイムで自動生成してくれるジェネレータです。各パラメータのスライダーを弄るだけで簡単にお好みの効果を適用することができます。プロパティが豊富で設定できるスタイルシートの項目が多いのが嬉しいところ。

フラットデザインに合いそうなボタンを簡単に作成してくれるサイト「2.5dBUTTON」

「2.5dBUTTON」はフラットデザインにぴったりなボタンを簡単に作成してくれるサイトです。アイコンフォントやタッチデバイスに対応しており、スライダーを調整するだけでオリジナルボタンが完成しちゃいます。

プロフィールアイコンに最適!画像をレゴブロック風に変換してくれるサービス「Brick-A-Pic」

「Brick-A-Pic」はアップロードした画像を簡単にレゴブロック風の画像に変換してくれるサービスです。SNSアイコンにちょっとしたオリジナリティを出したいときなんかに使うと便利かも。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。