IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

Appleのイベント発表会・新製品発売までをカウントダウンしてくれるサイト「AppleTimer」

0

150501_a

「AppleTimer」はApple製品の発売までをカウントダウン形式で教えてくれるサイトです。WWDCのイベントの発表会や製品発売までの日数をカウントダウンまたはカウントアップで表示してくれます。おしゃれでスタイリッシュなデザインとなっており、iPhoneやiPadなどのモバイル機器からも手軽に確認できるのが魅力的。

Apple Watchが発売してからのカウントアップを表示してくれています。

150501_b

次のWWDCイベントまでの日数をカウントダウンしてくれています。

150501_c

Appleファンで製品発売日・イベント日程をよく調べる方なんかは覚えておくと便利かもしれませんね。是非活用してみてはいかが。

ウェブサービス

関連記事

Macで画面上の色の値を取得ができる便利ツール「DigitalColor Meter」

「DigitalColor Meter」は画面上の指定したピクセルの色の値を抽出してくれるMac純正アプリケーションです。わざわざPhotoShopを起動したり、ソースからCSSで色の値を確認せずともこのアプリを使うと簡単カラーコードを取得することが出来ます。

Twitterのつぶやきから寝ている時間帯を推測してくれるサイト「SleepingTime.org」

「SleepingTime.org」は、指定したユーザーの過去のツイート時間からいつ寝ているか、おおよその睡眠時間を解析してくれるサイトです。直近500件のつぶやきより、ユーザーの睡眠サイクルを計算してくれるようです。

最大100件までOK!Twitterの片思いフォローを一括リムーブしてくれるサービス「Remove Lips」

「リムーブリップス」は、Twitterの片思い状態のユーザーを一括リムーブしてくれるサービスです。自分は相手をフォローしているが、相手は自分をフォローしてくれてない状況のときにまとめて相手をアンフォローすることができます。相手が自分をフォローしているのか、いちいち確認するのは結構大変な作業です。そんなときはボタン一つで一括でリムーブできる「リムーブリップス」を使ってみましょう。

キーボードで入力した文字がドラムパターンになるWebサービス「typedrummer」

「typedrummer」は、キーボードでタイプしたアルファベットがドラムパターン音として自動演奏してくれるサービス。入力したそれぞれの文字は様々なドラム音に対応して音を奏でてくれる。

画像から背景を自動認識して透過処理を行ってくれるWebサービス「Background Burner」

「Background Burner」は、画像の背景を自動で認識して透過処理を行ってくれるサイトです。どこの部分が背景なのか、どの部分がメインの物体なのか指定しなくても場所を自動で識別し処理を行ってくれます。Photoshopなのどツールを使えば精度の方はもちろんですが、「Background Burner」は、Web上で透過をすべて完結することができます。お気軽に透過処理を行いたいってときに重宝するサービスです。

正規表現を図でわかりやすく可視化してくれるサイト「Regexpra」

「Regexpra」は、入力した正規表現を解析して図として可視化してくれるWebサービスです。正規表現がどんな手順で何に対してマッチさせているかなど、分かりやすくビジュアライズしてくれます。解読が困難で複雑な正規表現を理解したいってときに便利です。また、スマホからでも利用可能なのでサクッと調べたいとき手早く解析することができます。

顔を自動検出してモザイクを掛けてくれるWebサービス「Privacy Image Editor」

「Privacy Image Editor」は、指定した画像に自動でモザイクを掛けてくれるWebサービスです。ブラウザ上で画像をアップすることで手軽にモザイク処理を行うことができます。自動で顔を認識してエフェクトを掛けてくれるのでちょっとした写真にモザイクを施したいときなかに便利です。

あらゆる数学の記号や数式を簡単に生成・検索できるウェブサービス「SearchOnMath」

「SearchOnMath」は、あらゆる数学の記号や数式をビジュアル的に確認しながら簡単に生成できるウェブサービスです。大学等で多く利用されるLaTeXのような出力に近い形を直感的に利用することが出来ます。また、ブラウザ拡張機能を利用すればページ上の使われている数式をすぐに検索できるので、ちょっとした数式を調べたいなってときに便利です。

PDFファイルを編集可能なWord形式に変換してくれるサイト「Convertii」

「Convertii」は、PDFファイルから編集可能なWord形式へと変換してくれる便利なサイトです。日本語にも対応しており、文字化けすることなくきちんとコンバートすることが可能。一般的に、一度PDFとしてファイルを出力してしまうと、Wordファイルに戻すのは中々難しいものです。元のWordファイルが無い状態でPDFのファイルをちょっと修正したいってときもあると思います。そんなときは、「Convertii」を利用して編集可能なWordファイルに変換してみてはいかがだろうか。

他人のTwitterのつぶやきを古い順に表示してくれるサービス「Frikaetter」

「Frikaetter」は、自分や他人の過去のツイートを古い順で表示してくれるサイトです。ユーザー名を入力するだけで過去のつぶやきを簡単に閲覧することができます。昔に投稿したツイートを探したいけれど、だいぶ昔に投稿したもので自力で見つけるのはなかなか大変ってときに便利なサービスです。

Comment

  1. IDEA ATOZ 管理人 より:

    test

Message

メールアドレスが公開されることはありません。