IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

こりゃ便利!CSSをSass/Scssに変換してくれるサイト「css2sass」

2

141112_a

「css2sass」はCSSをSass/Scss形式に変換してくれるオンラインサービスです。変換したいCSSをフォームに入力してボタン1つで簡単に変換することができます。

141112_b

簡単相互変換

変換したいCSSソースコードをコピペなどしてボックスの中に入力します。

141112_c

SASS または SCSS どちらか変換したい方をクリック。

141112_d

あっという間にCSSをSASSに変換することができました。

141112_e

すぐに変換ができるので時間がないときになんかに便利。是非、活用してみてはいかが。

ウェブサービス

関連記事

これは便利!様々な効果を生成できるCSS3ジェネレータ「CSS3.0 Maker」

「CSS3.0 Maker」はCSS3のコードをリアルタイムで自動生成してくれるジェネレータです。各パラメータのスライダーを弄るだけで簡単にお好みの効果を適用することができます。プロパティが豊富で設定できるスタイルシートの項目が多いのが嬉しいところ。

自分のサイトがレスポンシブデザインに対応しているか調べられるサイト「Am I Responsive?」

「Am I Responsive?」は自分のサイトがレスポンシブデザインなのかを調べる事ができるサイトです。urlを入力するだけで簡単に各デバイスのディスプレイサイズに対応しているかを確認できます。

フラットデザインに合いそうなボタンを簡単に作成してくれるサイト「2.5dBUTTON」

「2.5dBUTTON」はフラットデザインにぴったりなボタンを簡単に作成してくれるサイトです。アイコンフォントやタッチデバイスに対応しており、スライダーを調整するだけでオリジナルボタンが完成しちゃいます。

フラットデザインに合いそうなボタンを簡単に作成してくれるサイト「2.5dBUTTON」

「2.5dBUTTON」はフラットデザインにぴったりなボタンを簡単に作成してくれるサイトです。アイコンフォントやタッチデバイスに対応しており、スライダーを調整するだけでオリジナルボタンが完成しちゃいます。

Twitter上で誰と一番会話をしているかを調べることができるサイト「twiRy」

「twiRy」は、指定したTwitterアカウントが誰と一番会話を多くしているかを教えてくれるサイトです。ログインしてアカウントを指定するだけで簡単に順位を表示してくれます。

YouTubeから「gif」ファイルを簡単に作成してくれるサービス「GIF YouTube」

「GIF YouTube」は、YouTubeの動画からアニメーションGIFを生成してくれるWeuサービスです。動画のURLを入力するだけで1~10秒のGIFアニメに変換してくれます。すべてブラウザ上で完結するので気軽にGIFの生成ができて便利。

複数管理OK!ワンクリックで使い捨てメールアドレスを作成できるサイト「myTemp.email」

「myTemp.email」は、一時的に利用できるメールアドレスをワンクリックで簡単に作成できるサイトです。懸賞や会員登録にメアドがどうしても必要なとき、プライベートのメールアドレスを使用するのに少し躊躇する場合の時なんかに便利なサービスです。

レスポンシブデザイン用の画像を一括生成してくれるサイト「Responsive Image Breakpoints Generator」

「Responsive Image Breakpoints Generator」は、レスポンシブデザイン用に画像をまとめて複数サイズ生成してくれるサイトです。様々な画像サイズの画像をいちいち用意せずとも、元となる一枚をブラウザ上にアップロードするだけで簡単にレスポンシブデザイン用の画像を作成することができます。また、貼付け用コードも同時に生成される実用的なものとなっています。

フラットデザインに合うソーシャルアイコンを生成してくれるジェネレータ「Perfect Icons」

「Perfect Icons」は、フラットデザインに合うソーシャルボタンを作成してくれるサイトです。扱っているソーシャルメディア種類も豊富で細かいカスタマイズを行うことが出来ます。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。