IDEA ATOZ

管理人がみつけたWebサービスや役立つ情報をお届け

一時的に使いたいときに便利!10分だけ使うことのできるファイルストレージ「10minutestorage」

1

160205_a

「10minutestorage」は、その名の通り10分間のみファイルを共有することができるストレージサービスです。10分間のみなので使い道は限られるとは思いますが、仕事などで急に簡易的なオンラインストレージが必要になったときに役立つサービスです。

Simple is Best 洗練されたデザイン

使い方はごくシンプル。「Drop your File」をクリックしてファイルをアップロードします。ファイル名をクリックすればファイルをダウンロードすることが出来ます。これだけ。

160205_b

残り時間を延長することも可能です。「I need more tume」をクリックすればさらに最大10分延長をすることが出来ます。

160205_c

セキュリティ的な不安は多少ありますが、簡易的な一時オンラインストレージとして使う分には申し分ないでしょう。お試しあれ。

ウェブサービス

関連記事

あらゆる形式のファイルをTwitterで共有可能にしてくれる「TwitDoc」

「TwitDoc」は、画像やPDF、Microsoft Office文章などのファイルをアップロードしてTwitterで共有可能にしてくれるサイトです。多数のファイルフォーマットに対応しており、ユーザー登録なしで簡単にTwitterへ投稿することができます。

フラットデザインに合うソーシャルアイコンを生成してくれるジェネレータ「Perfect Icons」

「Perfect Icons」は、フラットデザインに合うソーシャルボタンを作成してくれるサイトです。扱っているソーシャルメディア種類も豊富で細かいカスタマイズを行うことが出来ます。

指定した画像にエフェクトを使ってハメコミ合成してくれるサイト「Funnywow」

「Funnywow」は、指定した画像に様々なエフェクトをかけてくれるサービスです。画像をアップするだけで壁画の人物やお札の肖像などユーモア溢れる面白い効果をかけることができます。

フラットデザインに合いそうなボタンを簡単に作成してくれるサイト「2.5dBUTTON」

「2.5dBUTTON」はフラットデザインにぴったりなボタンを簡単に作成してくれるサイトです。アイコンフォントやタッチデバイスに対応しており、スライダーを調整するだけでオリジナルボタンが完成しちゃいます。

他人のTwitterのつぶやきを古い順に表示してくれるサービス「Frikaetter」

「Frikaetter」は、自分や他人の過去のツイートを古い順で表示してくれるサイトです。ユーザー名を入力するだけで過去のつぶやきを簡単に閲覧することができます。昔に投稿したツイートを探したいけれど、だいぶ昔に投稿したもので自力で見つけるのはなかなか大変ってときに便利なサービスです。

いつからTwitterを始めたのか超詳しく調べてくれるサイト「いつからTwitter?」

「いつからTwitter?」は、指定したユーザーがいつからツイッターを始めたか詳しく教えてくれるサイトです。アカウント名を入力するだけで簡単に詳細の情報を表示してくれます。ふと、いつからTwitterやってたっけ?って疑問に思ったときなんかに便利です。

指定したテキストをGIFアニメに変換してくれるWebサービス「Slate」

「Slate」は、指定した文章からGIFアニメを作成してくれるサイトです。文字列が切り替わっていく簡単なGifアニメを作成したいとき役立つサービスです。

YouTubeから「gif」ファイルを簡単に作成してくれるサービス「GIF YouTube」

「GIF YouTube」は、YouTubeの動画からアニメーションGIFを生成してくれるWeuサービスです。動画のURLを入力するだけで1~10秒のGIFアニメに変換してくれます。すべてブラウザ上で完結するので気軽にGIFの生成ができて便利。

これは面白い!指定したURLを絵文字に変換してくれるサイト「linkmoji」

「linkmoji」は、指定したURLを絵文字のアドレスに変換してくれるサイトだ。生成したURLはカラフルで可愛らしい絵文字であるだけでなく実際に使用することができる。TwitterやFacebookなどSNSで使えば注目されること間違いなし。

Google人工知能Deep Dreamsを簡単に適用できるサービス「Dreamscope Dreamer」

「Dreamscope Dreamer」は、指定した画像にGoogleの人工知能「Deep Dream」を使って悪夢のような画像を生成してくれるWebサービス。Deep DreamはGoogleが公開したオープンソースプログラムの1つで、過去に学習していたパターンと類似している領域を検出して学習済みパターンでそれを置き換えるというもの。この画像認識アルゴリズムを利用することでまさに『AIが見る悪夢』といわれるような凄まじい画像を作り出してくれる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。